CDNetworks、クラウド・セキュリティWAFサービスリニューアル~Naxsiを採用した新しいWAFで検知性能が向上し運用負荷を軽減
CDNetworks、クラウド・セキュリティWAFサービスリニューアル~Naxsiを採用した新しいWAFで検知性能が向上し運用負荷を軽減

グローバルCDNサービスプロバイダの株式会社シーディーネットワークス・ジャパン(東京都新宿区、以下CDNetworks)は、既存のCDNプラットフォームに組み込まれたクラウド型Webセキュリティサービスであるウェブ・アプリケーション・ファイアウォール(WAF)について、サービス名称も新たに全面リニューアルされたワンランク上のアップグレードサービスの提供を開始したことを発表いたします。 下記にアップグレードされたサービスと機能について説明します。 1.対象サービス クラウド・セキュリティ「アプリケーション・シールド」 (旧:ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール/WAF) https://www.cdnetworks.co.jp/cloud-security/application-shield/ 2.サービスアップグレード概要  (1) WAF機能に加えてDDoS防御機能を標準装備  ・DDoS防御機能は、リアルタイムに攻撃を検知/防御する常時ブロック型に  ・WAF機能は誤検知の少ないNaxsiベースのシグネチャを採用、運用が容易に  ・Bot防御対策は、JavaScriptチャレンジ、ヒューマンインタラクション、デバイスフィンガープリントなど、様々な機能により脆弱性を突いた攻撃に対応 *オプション  (2)セキュリティ診断サービスおよびログの提供 *オプション  (3)CDNプラットフォームに完全統合されたセキュリティサービス  ・CDNプラットフォーム上のエッジサーバやリレーサーバ(中継サーバ)上でサービスが稼働  ・別POPへの切り替えや、専用POPを経由しないためパフォーマンスが改善  (4)CDNサービスと共通のカスタマーポータルを提供、管理上の利便性が向上  (5)完全自社開発、自社サポート  ・CDNやDDoS、WAF、Botなど、すべてのサービスを完全自社開発・自社サポート  ・機能アップデートや修正も迅速に対応可能、より高いレベルのサポートを提供 3.提供条件:CDNetworksのクラウド・セキュリティサービスを新規に利用されるすべてのお客さま 4.提供開始日:サービス提供開始済み 本件については、営業担当またはWebサイトよりお問い合わせください。 *電話での問い合わせ:03-5909-3373(営業部) *Webサイトからの問い合わせ:https://www.cdnetworks.co.jp/contact/ =========================================================== LIVEオンラインセミナー開催のお知らせ 「コロナ禍 新しいビジネス様式でのセキュリティ対策とは」 ■開催日程:2020年6月9日(火)15:00-16:00 ■お申し込み:https://pr.cdnetworks.co.jp/event-webinar-security/ =========================================================== CDNetworksは、引き続きグローバル規模のセキュリティ脅威に対抗しつつ、2020年度も引き続き新種を含むさまざまなサイバー攻撃に耐えうるクラウド・セキュリティ・プラットフォームの構築とサービスをお客さまに提供して参ります。 以上 About CDNetworks CDNetworksは、通信パフォーマンス改善の専門家として、世界6大陸に広がる自社配信プラットフォームにおいて、スピード、信頼性、そして安全性の面で最高のパフォーマンスを発揮しながら、企業に向けたネットワーク・インフラと地域ごとの専門知識の提供をサポートしています。CDNetworksは、独自開発の優れた配信技術と配信プラットフォームを活用した大規模なサービス力で国内外のWeb高速化、動画/ライブの高速化、VPNなど企業WANの高速化といったパフォーマンスの改善を軸にクラウド・セキュリティやエッジ・コンピューティングといったネットワーク関連事業の分野にも進出し、特にアジアにおける市場をリードしています。2000年に設立されたCDNetworksは、日本・韓国・中国・シンガポール・インド・イギリス、カナダ、そしてアメリカにオフィスを構えています。 詳細については、https://www.cdnetworks.co.jpをご覧ください。 [本件に関するお問い合わせ先] 株式会社シーディーネットワークス・ジャパン マーケティング担当 増山慈子 TEL: 03-5909-3373 Mail: marketing@cdnetworks.co.jp

LIVEオンラインセミナー:コロナ禍 新しいビジネス様式でのセキュリティ対策とは
LIVEオンラインセミナー:コロナ禍 新しいビジネス様式でのセキュリティ対策とは

■オンラインセミナー情報 日時 2020年6月9日(火)15:00~16:00 タイトル コロナ禍、新しいビジネス様式でのセキュリティ対策 概要 コロナ禍を受けデジタルシフトが加速しています。実店舗閉店やテレワークへの移行など、各社ではアナログからデジタルへの移行がこれまでにないほど急速に活発化しています。国内外で急速なECサイトの立上げ、業務システムのオンライン化など目まぐるしく変わる中、セキュリティ対策まで手が回らず、リスクが置き去りな状況も発生しています。攻撃者は、この様な混沌とした状況の中での隙を狙っていますが、ポストコロナを見据えて使い続けられるサービスを選ぶ必要性があります。   CDNetworksは、公開Webサイトのサービスやアプリケーションを脅威から守るWAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)およびBot除去サービスを提供しています。従来型よりもさらに進化したCDNetworksの「クラウド・セキュリティサービス」は、過検知や誤検知も大幅に減り、あらゆるタイプの脅威に対応して、お客様のWebサイトをサイバー攻撃から守る鉄壁となります。   本セミナーでは、グローバルCDNの優れた負荷分散とパフォーマンス向上効果に加えて、DDoS防御も付帯した、あらゆる攻撃にリアルタイムで対応するCDNetworksの「クラウド・セキュリティサービス」について、具体的な利用例を交えてご紹介します。   ぜひこの機会をお見逃しなく、ご参加をお待ちしております。 講演 株式会社シーディーネットワークス・ジャパン テクニカルコンサルタント シニアマネージャ 中原嘉隆 受講料 無料(事前登録制) 受講対象 企業のWebセキュリティ担当者、Webサイト管理者、その他Webセキュリティ対策に関してお悩みをお持ちの担当者さま、ネットワーク・インフラ担当、Webサイトなどの管理者、その他Webやネットワーク・インフラのパフォーマンスに関してお悩みをお持ちのご担当者さま お申し込み https://engage.cdnetworks.co.jp/LP_WB02 *開催日が近づきましたら、視聴用URLをメールにてご案内いたします

CDNetworksセキュリティレポート「2018年度DDoS攻撃の動向と今後の見通し」を公開
CDNetworksセキュリティレポート「2018年度DDoS攻撃の動向と今後の見通し」を公開

セキュリティアップデートされてない放置された家庭内のIoT機器が狙われている グローバルCDNサービスプロバイダの株式会社シーディーネットワークス・ジャパン(東京都新宿区、以下CDNetworks)は、2018年のDDoS攻撃の対応状況をまとめ、分析したセキュリティレポート「2018年度 DDoS攻撃の動向と今後の見通し」(以下 本資料)を本日発表いたしました。 本資料は、CDNetworksのDDoS防御対策サービス「クラウド・セキュリティ DDoS」を提供している国内外のお客さまを対象に、2018年度(1月~12月)に収集した様々なDDoS攻撃パターンとトレンドを分析し結果をまとめています。 2018年度は、HadoopなどのBigdata処理システムがDDoSに悪用される事例、ビットコイン採掘ゾンビPCによる攻撃、WordPress CMS APIを利用したXML-RPCプロトコルを通じた攻撃などが発生しています。また、UPnPプロキシ基盤で動作するDDoSボットネットが新たに登場し、メモリキャッシュを悪用した攻撃も増加しています。 さらに、IoT機器を悪用した大規模トラフィック攻撃の増加が懸念されており、特にセキュリティ強度の低い家庭用IoT機器は、攻撃者がDDoS攻撃を行うための踏み台として悪用されやすい傾向にあり、個人レベルでのセキュリティ対策への注意と関心が必要とされています。 目次(一部抜粋): 1. トレンドの分析 ・GDPRが2018年5月25日に施行 ・OWASP IoTプロジェクト2018をリリース ・MIRAIボットネットの新たな変種の登場 など 2. 2018年度 DDoS攻撃の動向レポート/プロトコル別、タイプ別、地域別など 3. 2019年 DDoS攻撃トレンド予測 「2018年度 DDoS攻撃の動向と今後の見通し」レポート」の完全版 https://engage.cdnetworks.co.jp/LP_WP36 「クラウド・セキュリティ DDoS」のサービス概要 https://www.cdnetworks.co.jp/service/cloud_security_ddos.html CDNetworksは、引き続きグローバル規模のセキュリティ脅威に対抗しつつ、2018年度も引き続き新種を含むあらゆる攻撃に耐えうるDDoS攻撃防御サービスをお客様に提供して参ります。 以上 About CDNetworks CDNetworksは、CDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)プロバイダとして、グローバルリーチに優れ、豊富なキャパシティをベースに大規模に展開するCDNプラットフォームにおいて日々40,000以上のWebを高速化しています。また、CDNプラットフォームと統合されたクラウドベースのWebセキュリティサービスはあらゆるタイプの攻撃を検知・ブロックして企業のWebビジネスを保護し強固なセキュリティ基盤の構築をサポートしています。CDNetworksは独自開発の高い技術力と柔軟できめ細やかなサービス力で、エンタープライズ・アドテク・ソフトウェア・eコマース・ハイテク・メディアおよびゲームなど幅広い業界のお客様へサービスを提供しています。中国や東南アジア、そしてインド、中東、ロシア、アフリカ、中南米などの新興市場においても自社拠点(PoP)によって企業のグローバルな配信をサポートしている、唯一の、そしてアジア最大級のグローバル企業です。2000年に設立されたCDNetworksは、日本・韓国・中国・シンガポール・イギリス、カナダ、そしてアメリカにオフィスを構えています。詳細については、https://www.cdnetworks.co.jp をご覧ください。 [本件に関するお問い合わせ先] 株式会社シーディーネットワークス・ジャパン マーケティング担当 増山慈子 TEL: 03-5909-3373 Mail: marketing@cdnetworks.co.jp

Interop Tokyo 2018/Security World
Interop Tokyo 2018/Security World

Interop Tokyo 2018/Security World CDNetworks講演情報 タイトル  迫りくる新たなWebセキュリティ脅威に備えるために今すべきこととは?  ~進化するボットやAPIサーバ攻撃など、CDNで実現できる未来型防衛対策の最前線 概要  Webサイトは常に「セキュリティとパフォーマンス」の課題がつきまといます。本セッションでは、強固なWebセキュリティ対策とパフォーマンス向上の双方をCDNの活用で簡単に効率よく実現できる方法をご紹介するとともに、高度化するボット攻撃対策、新たな盲点とされているAPIサーバ攻撃など、Webセキュリティ脅威の最新動向とその防衛術についてもご紹介いたします。 講演  株式会社シーディーネットワークス・ジャパン テクニカルコンサルタント マネージャ 中原嘉隆 会場/時間  6月15日(金) / [ED-20] 16:00~16:40 受講料 終了しました。ご登録・ご来場ありがとうございました。 お申し込み https://reg.f2ff.jp/public/application/add/667   ■イベント概要   イベント名 Interop Tokyo 2018 ~はじめよう。次のネット社会 日時  2018年6月13日(水)~15日(金) 会場  幕張メッセ(国際展示場/国際会議場) 主催  株式会社ナノオプト・メディア ホームページ https://www.interop.jp/ [print_link]