週刊BCN主催 全国キャラバン2019 in 大阪 講演ダイジェスト
週刊BCN主催 全国キャラバン2019 in 大阪 講演ダイジェスト

本記事は、2019年12月6日に大阪にて開催された「週刊BCN全国キャラバン2019」の講演レポートをお届けします。 なお、記事の末尾には、講演資料のダウンロードリンクを設置しています。あわせてご利用ください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 昨年末に開催された週刊BCN主催のリセラー向け全国キャラバン/大阪会場に、CDNetworksが協賛・講演いたしました。 年末の慌ただしい中、会場に足をお運びいただきました皆様には厚く御礼申し上げます。 誠にありがとうございました。 講演では、当社のコンテンツ・デリバリ・ネットワーク(以下、CDN)サービスをベースに、現在提供している各種サービス、パートナープログラム概要についてご紹介させていただきました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   <CDNetworks講演> 「Web高速化だけじゃない! CDNベンダが提供するネットワーク高速化サービスの効率的活用術、教えます」     CDNetworksご紹介   CDNetworksは、他社がカバーしていない中国・ロシアにも進出し、全世界すべて自社プラットフォームでサービスを展開する唯一のグローバルCDNプロバイダとしてこれまで歩んできました。 現在、弊社が提供するサービスはCDNによるWeb高速化からWebセキュリティ、ネットワーク高速化、また、Webサイト以外の拠点間通信やWebアプリケーションの高速化、クラウドインフラまでをサポートし、幅広くサービスを展開しています。   (クリックで拡大)   CDNetworksのサービスラインアップについてご紹介させていただきます。   CDNサービスと基本概念   Webサイトはいつでも早く見られて当然という時代背景からも、CDNサービスは今や必要不可欠なものとなっています。 (クリックで拡大)   一般に、Webサイトの表示が3秒以内であればそれほど不都合に感じることはないですが、 5秒を超えると約70%の人がイライラしてほかのWebサイトに移ってしまい、 10秒を超えてしまうと、そのサイトへはもう見に行かない、と言われています。   (クリックで拡大)   弊社のCDNサービスは、グローバルで数十Tbps以上のキャパシティを保有しており、常時大量のトラフィックを配信しています。     Webセキュリティ   CDNによるWebサイトの安定化の次に必要なのが、Webサイトを外部の攻撃から守るということです。Webサイトは、日々DDoS攻撃やアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃にさらされています。これらの攻撃からWebサイトを守るためのセキュリティサービスもCDNサービスに組み込む形で提供しています。 (クリックで拡大)   CDNにDDoS防御機能を付加することで、常時監視とDDoS攻撃をブロックし、正常なリクエストのみが処理されるようになります。   (クリックで拡大) WAFサービスもCDNプラットフォームに統合しているもので、静的なシグネチャベースによる防御と動的なBot検知のブロックを行います。 これら双方を取り入れることで、より効果的に、かつ強固にWebサイトを攻撃から守ることができます。     CDNetworksインフラの応用活用(ネットワーク高速化)   ここからは、弊社インフラを活用した新分野のサービスのご紹介です。   (クリックで拡大)   クラウド型WANアクセラレータ(HDT:ハイスピード・データ・トランスミッション)は、CDNの概念とは異なる仕組みの高速化サービスです。CDNの技術を組み合わせることで、あらゆる通信の最適化を行うサービスです。 HTTP/HTTPSだけでなく、VPNをはじめとする様々な通信の高速化に対応します。 利用シーンの例を挙げると、海外拠点間とのデータやファイルのやり取りの高速化など、企業の生産性向上にもつながります。   また、クラウド型WANアクセラレータのオプションサービスとして、中国・香港限定の仮想専用線サービスも提供しています。…

アプリケーション・パフォーマンス2019 講演ダイジェスト【その1】
アプリケーション・パフォーマンス2019 講演ダイジェスト【その1】

本記事は、2019年9月18日に開催された「アプリケーションパフォーマンス2019」の講演レポートをお届けします。なお、記事の末尾には、講演資料のダウンロードリンクを設置しています。あわせてご利用ください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 当日はお忙しいなか、会場に足をお運びいただきました皆様には厚く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。 講演では、旧来よりWebサイト高速化のCDN(コンテンツデリバリ・ネットワーク)を専門としているCDNetworksが、なぜネットワーク高速化サービス提供にたどり着いたのか? また、昨年リリースしたクラウド型WANアクセラレータと新たに展開するSD-WANサービスとのコラボレーションによって実現できるネットワーク最適化の構築術も交え、解説させていただきました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   <CDNetworks講演> 「CDN事業者が提供するクラウド型WANアクセラレータとSD-WANのコラボによる最適なネットワーク構築術」     もともと、Web高速化を提供   一見、CDNとSD-WANとの関連性は?と疑問を抱かれる方もいらっしゃるとは思いますが、 本日は、Web高速化専門のCDNベンダである当社CDNetworksが、なぜネットワークサービス提供にたどり着いたのか、それに至った経緯をたどってみましょう。   まず、CDNとは? コンテンツ・デリバリ・ネットワーク(Content Delivery Network)の略で、世界中に張り巡らされたCDN専用の配信ネットワークを利用して、Webサイトにアクセスしようとするエンドユーザに最も近いPoP(配信拠点)から効率的にWebコンテンツを配信し、Webサイトを高速化する仕組みです。CDNはWebサイトの縁の下の力持ち的な、陰ながらも重要な役割を担っています。 皆さんが普段ご覧になられているWebサイトにも、実はひそかに使われているサービスです。 CDNには以下の2つの種類:キャッシュ配信とアプリケーション高速化があります。 (クリックで拡大)   近年、サービスのクラウド化による課金体制の問題や、DDoS攻撃が増加している背景もあり、CDN市場は右肩上がりで拡大しています。 (クリックで拡大)   CDNetworksはもともとWeb高速化サービスを提供しているCDN事業者です。下図はWeb高速化サービスの仕組みの概要図です。   (クリックで拡大)   キャッシュ配信では、世界各国に分散配備された多数のCDNサーバ(エッジ)にWebサーバ(オリジン)からコンテンツをキャッシュ(コピー)し、エンドユーザ最寄りのエッジからコンテンツを配信することで高速化を実現します。さらに、アプリケーション高速化では、通常のキャッシュ配信では対応できない、動的コンテンツ(ユーザリクエストに応じた検索、予約、支払い、マイページなど)の高速化にも対応しています。 では、どのような仕組みで高速化をしているのでしょうか?   (クリックで拡大)   通常のTCP通信は毎回到着確認を行うため、ネットワーク上の距離が長いと、ACKの回答待ち時間がかかり、どうしても遅くなってしまいます。 一方でCDNは、到着確認を毎回行わず、まとめてデータを送り、一度使い始めたTCPコネクションを再利用し、複数のHTTPリクエストを実行するなどの仕組みで、PoP間の通信を高速化しています。 パケットレベルでの通信では、TCPヘッダにあるウィンドウサイズ情報を利用します。   (クリックで拡大)     クラウド型WANアクセラレータ   パケットロスが発生した場合でも、ロス分だけすぐに再送し、ウィンドウサイズもロス時の半分程度から再開するといったようなチューニングを日々行いながら高速化を実現しています。 しかし、お客様によってはVPN内のアプリケーションのパフォーマンスを向上したいと思われているかもしれません。そこで、他の通信レイヤでもこれらのタスクで高速化ができないか!?といった発想からクラウド型WAN-アクセラレータが登場しました。   (クリックで拡大)   CDNetworksのクラウド型WANアクセラレータサービスは、グローバルで保有している拠点のうちの最寄りのPoPを経由し、さまざまな通信を高速化するサービスです。   (クリックで拡大)   このサービスは、httpだけでなくTCP上のあらゆる通信を高速化します。また、オンプレミスの装置は不要で、PoPに接続するだけで利用が可能なため、コスト削減をはじめ、導入負荷の軽減など、さまざまなメリットがあります。   (クリックで拡大)   TCP/IP上のあらゆる通信に対応させるための追加技術として、ルーティングの最適化機能を取り入れています。 これは、WEBサイト閲覧者を最寄りの弊社PoPにアクセスさせるといったCDNの技術を応用した方法で、最も遅延の少ない最速のPoP経路をリアルタイムで分析し、最適なルートを検出する機能です。…

日経XTECH主催:ITインフラSummit 2019 夏 講演ダイジェスト【その2】
日経XTECH主催:ITインフラSummit 2019 夏 講演ダイジェスト【その2】

本記事は、2019年7月30日に開催された「ITインフラSummit 夏/ネットワーク最適化Forum」の開催レポート、第2回目の記事になります。   第1回 ≫ こちら 第2回 (本記事) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 前回の記事では、CDN:コンテンツ・デリバリ・ネットワーク(Content Delivery Networkの略)でできるWebサイトの高速化の仕組みとCDNetworksのクラウド型WANアクセラレータサービス(HDT)について解説しました。 ひきつづき本記事では、CDNetworksのクラウド型WANアクセラレータと今注目のSD-WANとの組み合わせ活用術についてダイジェスト版としてご紹介します。 なお、記事の末尾には、講演資料のダウンロードリンクを設置しています。あわせてご利用ください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー <CDNetworks講演> 「CDN事業者がネットワークサービスに参入する理由 ~クラウド型WANアクセラレータとSD-WANのシナジー」   SD-WANの活用 CDNetworksのクラウド型WANアクセラレータではVPNの高速化もできますが、今注目のSD-WANではIPSecベースが多いため、これらを組み合わせて利用することで更なる効果を発揮できるのでは!? (クリックで拡大)   このような経緯から、当社SD-WANの製品化が実現しました。 (クリックで拡大) CDNetworksのSD-WANは、クラウド型WANアクセラレータを装備し、セキュアで安定性に優れています。 また、セルフ制御など柔軟性にも優れ、保守が簡単であるのも特徴です。 インターネット接続に対してほぼすべてのニーズを満たすことができ、世界中にプラットフォームを保有しているため、あらゆる場所からのアクセスができ、ワンストップで効率的なソリューションとして、独自のネットワークサービスを展開することができます。 各種CEルータも取り揃えており、トライアルも可能です。 クリックで拡大) 注)画像と実際のものとは異なる場合があります     中国での通信 中国内で実施したSD-WANのテストマーケティングの結果。 (クリックで拡大)   中国では、グレート・ファイアウォール回避のため、SoftwareベースのSSL-VPNを構築しているケースが多く、SD-WANの需要が低いという結果ではありましたが、高速化のシナジー効果があることは確認することができました。 (クリックで拡大)     まとめ CDN事業者である当社は、本来の高速化ソリューションサービスの派生から、前述の背景を経て必然的にSD-WANにたどり着いたというわけです。 (クリックで拡大)   CDNetworks独自の強みを生かした高速化ソリューションとの組み合わせての提供も可能ですので、 ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせください。     クラウド型WANアクセラレータのご紹介 ■ハイスピード・データ・トランスミッション/High-speed Data Transmission >> こちら ハイスピード・データ・トランスミッション(HDT)は、WANの高速化をクラウドで実現します。 TCP/UDPプロトコルベースの企業が利用するアプリケーションなど、長距離区間(海外区間)における通信高速化を実現するクラウド型WANアクセラレータで、VPNなど様々な通信の高速化において優れたパフォーマンスを発揮するサービスです。   只今、サマーキャンペーンを実施中!! ・キャンペーン概要:毎月の利用料を最大50%割引いたします ・キャンペーン期間:2019年9月30日(月)まで ・キャンペーン適用条件:初めて本サービスにお申し込みされるお客様で、1年間(12か月)以上の契約を期間内に締結された方が対象…

日経XTECH主催:ITインフラSummit 2019 夏 講演ダイジェスト【その1】
日経XTECH主催:ITインフラSummit 2019 夏 講演ダイジェスト【その1】

本記事は、2019年7月30日に開催された「ITインフラSummit 夏/ネットワーク最適化Forum」の開催レポートを全2回にわたってお届けします。 当日は、猛暑日にもかかわらず、会場に足をお運びいただきました皆様には厚く御礼申し上げます。 誠にありがとうございました。 講演では、グローバルなWebサイトの高速化を専門としてきたCDNetworksのクラウド型WANアクセラレータについてご紹介するとともに、今後新たに提供するSD-WANサービスとの合わせ技活用による相乗効果などについてご紹介しました。本稿では、ダイジェスト版として内容を解説いたします。 なお、記事の末尾には、講演資料のダウンロードリンクを設置しています。あわせてご利用ください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー <CDNetworks講演> 「CDN事業者がネットワークサービスに参入する理由 ~クラウド型WANアクセラレータとSD-WANのシナジー」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   はじめに CDNetworksの提供するCDN:コンテンツ・デリバリ・ネットワーク(Content Delivery Networkの略)は、世界中に張り巡らされたCDNプラットフォームを利用して、Webを配信する仕組みです。 CDNには以下の2つの種類:キャッシュ配信とアプリケーション高速化があります。 (クリックで拡大)   近年、サービスのクラウド化による課金体制の問題や、DDoS攻撃対策が増加している背景もあり、CDN市場は右肩上がりで拡大しています。 (クリックで拡大)   しかし、各社競争が激化しているため、価格は下落するいっぽうです。 そこで、次なる新商材の販売に各社取り組んでいます。 (クリックで拡大)     もともと、Web高速化サービスを提供 CDNetworksはもともと、Web高速化サービスを提供しているCDN事業者です。 これはWeb高速化サービスの仕組みの概要図です。 (クリックで拡大) まず、キャッシュ配信では、世界各国に分散配備された多数のCDNサーバ(エッジ)にWebサーバ(オリジン)からコンテンツをキャッシュ(コピー)し、ユーザ最寄りのエッジからコンテンツを配信することで高速化を実現します。さらに、アプリケーション高速化では、通常のキャッシュ配信では対応できない、動的コンテンツ(ユーザリクエストに応じた検索、予約、支払い、マイページなど)の高速化にも対応しています。   では、どのような仕組みで高速化をしているのでしょうか?詳細を見てみましょう。 (クリックで拡大) 通常のTCP通信は毎回到着確認を行うため、ネットワーク上の距離が長いと、ACKの回答待ち時間がかかり、どうしても遅くなってしまいます。 一方、Web高速化サービスは、到着確認を毎回行わず、まとめてデータを送ったり、一度使い始めたTCPコネクションを再利用し、複数のHTTPリクエストを実行したりするなどの仕組みで、PoP間の通信を高速化しています。   パケットレベルでの通信では、TCPヘッダにあるウィンドウサイズ情報を利用します。 (クリックで拡大) 例えば、3900バイトのデータを送る場合は、パケット容量により1回1300バイトのデータを3回に分けて送信すると、それぞれACKを待っている時間分、通信速度はそれだけ遅くなってしまいますが、一度に送信できるデータ量を相手側のホストに伝えるとACKを待たずに通信できるので、さらにウィンドウサイズを増やし、高速化ができるという仕組みです。 また、パケットロスが生じても、ロスした分だけすぐに再送するなどの機能も備えているため、安定的に高速化が可能です。     クラウド型WANアクセラレータの登場 (クリックで拡大)   昨年リリースされたCDNetworksのクラウド型のWANアクセラレータサービスは、グローバルで保有する拠点のうち最寄りのPoPを経由し、さまざまな通信を高速化するサービスです。 目黒から大阪までの移動を例に挙げると、目黒駅から品川駅のPoPまで在来線の山手線(ネット回線)を利用し、新大阪のPoPまで新幹線(高速通信区間)、大阪駅までは再び在来線に乗り換えると言うと、イメージが伝わるかと思います。 (クリックで拡大)   CDNetworksのクラウド型WANアクセラレータサービスはオンプレミスの装置は不要で、PoPに接続するだけでよいため、コスト削減をはじめ、導入負荷の軽減など、さまざまなメリットがあります。 (クリックで拡大)   TCP/IP上のあらゆる通信に対応させるための追加技術として、ルーティングの最適化機能を取り入れています。 これは、WEBサイト閲覧者を最寄りの弊社PoPにアクセスさせる技術の応用で、最も遅延の少ない最速のPoP経路をリアルタイムで分析し、最適なルートを検出する機能です。 (クリックで拡大)   また、PoP間ではさらなる高速化のために、独自のプロトコルチューニング機能を備えています。 UDPは到着確認不要のため通信は速くなりますが、パケットロスが起きてしまう懸念があります。…

セキュリティマネジメントカンファレンス 2019 冬 講演ダイジェスト【その2】
セキュリティマネジメントカンファレンス 2019 冬 講演ダイジェスト【その2】

  本記事は、2019年2月20日大阪、2月27日東京にて開催された「ビジネス+IT主催 セキュリティマネジメントカンファレンス 2019 冬」の全2回にわたってお届けしている開催レポート・第2回目の記事となります。   第1回 ≫ こちら 第2回(本記事)   なお、記事の末尾には、講演資料のダウンロードリンクを設置しています。あわせてご利用ください。     ======================= 前回の記事では、昨今のセキュリティ脅威トレンドとサイバー攻撃のビジネスモデルなどについてご説明しました。 今回は、ネットワークの見え方、CDNetworksが提供するクラウド型サービスについてご紹介します。     個社とセキュリティベンダのネットワークの見え方の違い   個社(1つの会社)の観点からみると、ダークウェブで売られていた情報を購入した攻撃者が、ターゲットとする個社に攻撃を仕掛ける構図がイメージできます。 (クリックで拡大)   一方で、セキュリティベンダの観点からみると、攻撃者と個社との間にセキュリティベンダが立ちはだかることで、個社への直接攻撃を防いでいます。攻撃者は高度化し続けていますが、同時に守る側のナレッジや技術力も向上しています。   (クリックで拡大)     Why CDNetworks?   CDNetworksはCDN事業でアジア最大級、100都市200を超える設備(PoP)を持つグローバルカンパニーです。世界中のCDN PoPから情報をリアルタイムに集めてそれを展開することができるため、世界各国のWebパフォーマンスとセキュリティ対策の両立ができるのです。 特にセキュリティ脅威においては、これまでに蓄積されたノウハウや攻撃に対するナレッジが非常に多くありますので、昨今話題のIoTを踏み台にしたBot対策にも対応可能です。   (クリックで拡大)     まとめ   CDNetworksが創業以来主力としてきたWeb高速化サービスのCDNだけでなく、 クラウド・セキュリティサービス、データセンター事業、CPEまで含めたSD-WANなど、企業ネットワークからアプリケーションまで、幅広いレイヤでの品質向上を実現します。 下記がCDNetworksのクラウド・デジタル・ネットワークの概要図です。   (クリックで拡大)   CDNetworksは、ひきつづき今後もより一層皆さまのネットワーク環境を強力にサポート・牽引していきます!     展示ブースのご紹介   展示ブースではCDNetworksのクラウド・セキュリティサービスをはじめ、Web高速化サービス、データセンター事業、SD-WAN、デジタルネットワークサービスなど、お客様のご相談内容に応じて、各種サービスをご紹介させていただきました。 東京会場展示ブース   人気だったノベルティ(アニマル顔のミニタオルです)     CDNetworksのクラウド型セキュリティサービス   CDNetowkrsでは、クラウド型のWebセキュリティサービスを提供しています。CDNでセキュリティ対策を行うメリットは、グローバルに豊富なキャパシティを有するCDNの配信プラットフォームをセキュリティ対策にも利用できることです。つまり、「Webパフォーマンスの向上」と「Webセキュリティの強化」のいいとこ取りができる点が大きなメリットと言えます。…