週刊BCN主催 全国キャラバン2019 in 東京 講演ダイジェスト【その2】
週刊BCN主催 全国キャラバン2019 in 東京 講演ダイジェスト【その2】

本記事は、2019年3月20日に開催された「週刊BCN全国キャラバン2019」の開催レポート、第2回目の記事になります。 ☞講演資料のダウンロードはこちらよりどうぞ >>ダウンロードフォーム 第1回 ≫ こちら 第2回 (本記事) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー CDNetworksのパートナープログラムに興味はありませんか? CDNetworksでは、WEB高速化対策のCDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)を主軸に、クラウド・セキュリティ、クラウドコンピューティング、データセンターなど、ネットワーク・インフラに関する全般的なサービスを提供しております。 今後、私たちのビジネスにご協力をいただけるパートナー様を広く募集しております。是非お問い合わせ・ご相談ください。 >>お問い合わせフォーム ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 前回の記事では、いよいよ来年に開催が迫った東京オリンピックに備えたセキュリティ対策について、過去事例から想定される攻撃や対策について、解説させていただきました。 本記事では、日々高度化が進むBotによる攻撃を判別する手段やBot対策の必要性についてをご説明いたします。 ======================= <CDNetworks講演> 「ウェブセキュリティにおけるボット対策の重要性とは?」   より高度なボット対策 ますます進化を遂げる、より高度なBotを判断・ブロックする手段として次のような新しい技術が出てきています。これからBot対策を検討しているお客さまは、これら技術にも対応したサービスの導入をお勧めします。 1.振る舞いから判断 人が直接操作しているかどうかをその振る舞いによって判断します。 例えば、マウスを利用して画面を移動して特定リンクをクリックしたり、キーボードを利用して単語を入力したりなど、またモバイルなら指で画面をスクロールしたかなどのような動作を見ています。 Botは、事前条件に従ってアクションがプログラミングされているため、このような一連の行動はありません。 (クリックで拡大)   2.機器独自の”指紋”から判断 クライアントに設置されているフォントリスト、プラグイン、画面サイズや方向、解像度など、偽造が難しいさまざまな情報を使って機器端末独自の識別番号(指紋)が作成されます。 正常なブラウザであればこの情報を提供できますが、Botの場合にはこの情報を提供することができません。 (クリックで拡大)   (クリックで拡大)   CDNetworksは、これら最新技術に対応したBot対策「クラウド・セキュリティ・ボットマネージャ」を提供中です。 引き続き、Bot攻撃防御のために全力で皆さまをサポートいたします。   利用シーン CDNetworksのクラウド・セキュリティサービスを導入したお客様のご利用例です。 利用シーンその1:ホテル予約サイト 経緯:DDoS攻撃によるWebサイトの表示遅延対策としてCDNetworksのDDoS対策サービスを導入 効果:DDoS攻撃のトラフィックが排除され表示遅延が解消、自社サーバの増強が必要なくなり、表示速度も売り上げも維持 (クリックで拡大)   利用シーンその2:チケット販売サイト 経緯:Botによる不正予約や大量購入の防止対策としてCDNetworksのBot対策サービスを導入 効果:Botによるアクセスの減少により、正規の一般顧客の予約が確保され売り上げ増加、サイトの負荷が軽減 (クリックで拡大)   このほかにも、様々な業種のお客さまが抱える課題を解決した、CDNetworksの導入実績が多数ございます。   まとめ いついかなる時もあらゆる企業は常に攻撃の脅威にさらされています。 Webセキュリティ対策、さらにBotアクセスによる対策は、今やどの企業にも必要な命題と言えます。 (クリックで拡大)   (クリックで拡大)   CDNetworksでは、皆さまのビジネス課題解決を全力でサポートいたします。 1年後に迫ったオリンピックに向けたWebセキュリティ対策に早急に取り組みましょう!…